HOME>ホットトピックス>消費者に興味を持ってもらえる売り場づくりを支援

店頭でのきめ細かな販売戦略を実現

企業の営業担当者に代わって店頭へ出向くのがラウンダーです。営業という仕事は商品の売上を伸ばすために欠かせませんが、商品が置かれている店舗を逐一回るということはリソース的に不可能です。一方で消費者が直接商品を手に取るのは店頭であるだけに、商品の陳列状況などを改善して売上アップに努めたいと考えるのではないでしょうか。そこで代わりにラウンダーに仕事を依頼して、店頭での売上向上を目指してもらうという手法が各企業においてとられています。より小回りの利く人材を多く雇うことで、これまで手が届かなかった店頭をサポートしてもらうというわけです。商品の販売戦略を末端にまで浸透させ、現場での意見を吸い上げるのにも役立ちます。

ニーズに応じて最適な人材を確保できる

企業にてラウンダーを担当する人材が確保されていれば良いのですが、人件費削減の影響を受けて、そうでないことがほとんどです。そこで多くの場合、人材派遣会社などが提供するラウンダー人材バンクを活用します。店舗巡回や店頭案内の仕事に長けた人材が数多く登録されており、依頼に応じて最適な登録会員が選ばれる仕組みです。この仕組みの長所は、こちらのニーズに合った人材を選んでくれることです。例えば化粧品の店頭を回ってほしいと伝えると、女性のスタッフが選ばれます。家電製品であれば、詳しい知識を持つ男性スタッフが紹介されます。こちらから直接指示を与えることもできますから、きめ細やかな販売戦略の実現が可能です。

広告募集中