HOME>注目記事>コストをかけずに売上を増やす販売戦略とは

育成費用を節約

スーパー

小売店やスーパーマーケットの店頭で、営業担当社員のケアできない具体的な販促活動を行うのがラウンダーの役割です。ラウンダーには詳細な商品知識はもとより、地域情報の収集力や対人交渉力が求められます。しかも地域全体に細かく配置しようとすれば、ある程度の人数も必要になります。これらの人材を自社で育成するためには、かなりの時間と費用を要する上に、正社員として雇用すると景気変動によって余剰人員が出たり、自己都合で退社されたりするリスクもあります。このようなリスクを避けるとともにコストを削減する目的で、ラウンダーは人材派遣会社を利用する企業が多くなっています。

派遣会社を選ぶ

店員

ただし人材派遣会社にも得意分野ごとに種類があり、選び方を間違えると希望する人材が採用できないこともあります。ラウンダーは時間が比較的自由になる仕事として人気があり、未経験者も数多く応募してきますが、そういった人材には十分な研修を行わないと、即戦力としては期待できないので注意が必要です。ラウンダーを採用するなら、小売業界のノウハウに精通していて、すでに多数の実績がある派遣会社を選ぶことが絶対条件と言えます。

比較サイトも利用

スーパー

経験豊富なラウンダーが多数所属している派遣会社なら安心ですし、流通業界とのコネクションがあり的確に仕事の指示ができる組織であれば能率も向上するでしょう。大手人材派遣会社には大抵の職種が揃っていますが、近年では技術職に強い会社や介護職に特化した会社など、得意分野が細分化する傾向も見られます。ラウンダーを外注するときは、まず派遣会社の得意分野を調べることが大切です。迷ったときは比較サイトを参考にするのもひとつの方法です。

広告募集中